広島市中区十日市町の内科・呼吸器内科
082-293-5522

肥満

肥満

肥満には、2つのタイプがあります。皮膚のすぐ下に脂肪がたまる「皮下脂肪型肥満」と内臓のまわりに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」。最近とくに問題視されているのは、内臓脂肪型です。内臓に過剰にたまった脂肪が、高血圧や脂質異常症などさまざまな病気をひきこすと考えられているのです。内臓脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満と違って、外見からもわかりにくいので要注意。ウエスト径が男性で85cm以上、女性で90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満を疑ってみてください。

メタボリックシンドロームとは?

内臓脂肪型肥満で、高血圧や脂質異常症など複数の生活習慣病を合併している状態を「メタボリックシンドローム」と呼んでいます。ひとつひとつの異常の度合いは小さくても、これらが積み重なると危険信号。動脈硬化が急激に進みやすく、心筋梗塞などのリスクも高まるといわれています。まずはウエスト径を測ってみてください。診断基準をこえていたら、要注意です。

ウエスト径の測り方

おへその位置を※  +  立った姿勢で + 息は軽く吐く

※明らかにおなかが出ている人は、下の肋骨と骨盤の中間ぐらいを測ってください。
(メタボリックシンドローム診断基準検討委員会「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」より作成)

TEL 082-293-5522

医院の紹介

〒730-0805
広島市中区十日市町1-2-22
082-293-5522

Facebook

花粉情報サイト

PAGETOP
〒730-0805 広島県広島市中区十日市町1-2-22
TEL:082-293-5522
Copyright © 梶山内科 All Rights Reserved.